マンゴー寒天プリン

子供の頃には無かったデザート。今は、夏になると食べたくなるデザートNO1!です。

フレッシュでも冷凍マンゴーでも、簡単に出来て美味しい。

マンゴーのようなトロピカルフルーツにはタンパク分解酵素が多く含まれています。

ゼラチンで固めるとうまく固まらないのはそのためです。

マンゴーをフォークでつぶし、生クリームと砂糖を加え、寒天で固めます。香り高くなめらかなマンゴープリンの出来上がりです。

冷蔵庫で冷たくしていただきましょう。

 

いちごの寒天テリーヌ

今日の料理クラスのデザートです

いちごをたっぷり入れた流しかんに、グランマニエと、レモンを入れた寒天液を流します。クリームを添えていただくといちごの香りがホントにいい香りです。簡単なのにとても素敵なデザートになりますね。

今、ジャム用の可愛らしい、いちごが沢山出回っています。今が一番美味しい時です、ジャムも沢山作りましょう。手作りに勝るジャムはありません。1パックで小瓶1個分しかできないけれど、美味しさがいっぱい詰まった贅沢なジャムです!冷凍しても保存できるので、私も今せっせと作っています。

読売新聞「寒天スープ」掲載

11月27日掲載

27日の読売新聞の家庭欄に、寒天を入れた暖かなスープが掲載されました。9月に出版した「あったか寒天スープ」の中から、かぶのポタージュとかぼちゃのポタージュ2点を紹介しました。寒い時期、特にお年寄りは外に出なくなり、運動不足から便秘になる人も多いらしい。暖かなスープに寒天を入れ、水分と野菜と、便秘解消素材がたっぷり入った1品。是非試していただきたいです!

11月料理教室(韓国料理)

「タッカルビ」
松の実のお粥  ネギと牡蠣のチジミ  割り干し大根のキムチ
柿とブラックタピオカのあんみつ

今月の料理教室は韓国料理です。ブームになったチーズタッカルビ、チーズを乗せなくても美味しい料理です。辛くて甘くて韓国のお惣菜、煮物です。チジミはネギを1袋使って長いままフライパンで焼きます。牡蠣を入れ、酢醤油でさっぱりといただきます。松の実のお粥は、お米と松の実をミキサーでペースト状にし、水をたっぷり入れて焦げないように混ぜながら加熱します。滋養強壮があるらしく、韓国ドラマで王様が体調悪い時に、食べているのを見たけど、こんなふうにドロドロとしてた気がします。やはり日本のお粥とも違いますね。ウイーンにいたときお腹を壊して、そこのママがオートミールのお粥を作ってくれたのを思い出します。すごーく沢山あって、全然食べられなくて申し訳なかったけど、やっぱりお米のお粥に梅干しが1番かな、、。