11月料理教室「豚肉のキャラメリゼバルサミコソース」

11月の料理クラスです。前菜は「ケールとサーモンのパイナップルソース」、ケールはビタミンたっぷりのスーパーフード、苦味の葉がパイナップルの甘いドレッシングによく合います。

メインが「豚肉のキャラメリゼ バルサミコ風味」です。この料理は簡単だけど豪華に見え、短時間で出来てしまい好評でした。付け合わせはジャガイモのグラタン「ドフィノワ」です。そしてデザートは簡単な「アップルパイ」生の紅玉をスライスしてのせグラニュー糖と焼くだけです。焼き上がったら、シナモンを少し、アイスクリームをたっぷりと添えていただきます。これも別腹、残さず召し上がってましたよ!

今月のメニューはクリスマスにも使えるメニューです。来月は3日のクリスマス会と振替です。12月のカフェでも作ります、、。

 

「秋鮭のちゃんちゃん焼き」10月料理教室

今月の料理教室は秋の和風メニューです。北海道の鮭を使って、味噌を塗った「ちゃんちゃん焼き」です。長野から舞茸も届き、しめじと合わせて鮭の上に乗せて、一緒に蒸し焼きにしました。スダチをきゅっと絞って、これは本当に美味しかった!今だけのご馳走ですね。

ただ鮭も漁獲量が減ったようですが、1切れ300円は高いです。先日のN H Kで、海の生態系が温暖化の影響もあり昔と違ってきているというニュースをやっていました。鮭の稚魚が途中で食べられてしまうので逃げられるよう、早く泳ぐ練習をさせていると、ちょっと本当?というような番組でしたがNHKですからもちろん真実でしょう。鮭の稚魚は春に放流され、4年経って、元の川に戻ってくる、その過程で幼い鮭は困難な旅をしているのですね。イクラも高い訳ですね。大事に食べなければ、、。

山椒風味の鶏の唐揚げ(6月料理教室)

「山椒風味の鶏の唐揚げ」6月の料理教室のメニューです。

庭にちょうど柔らかい木の芽が出ています。葉を摘んで(棘に注意!)よく洗って、耐熱皿に広げます。ラップはかけずにレンジで2分かけて、ちょっと混ぜ、また2分かけて、、と完全に乾いてドライになるまで根気よく続けます。ドライになったらミキサーで粉末にします。かけてるそばから、木の芽のい〜い匂い!

この粉末を唐揚げの衣に混ぜて揚げます。出来たらさらに少し振りかけます。もちろん市販の山椒を使っていただいてもOKです。山椒も和山椒と中国山椒と違いますし、今回作ったのは木の芽なので正確には「木の芽風味の鶏のから揚げ」ですね。

作っておくと綺麗なグリーンのまま1年持ちます。うなぎはもちろん、ちょっとふりかけるだけで、料理がグーンとアップしますよ。

メキシコ料理 5月料理教室

5月はそろそろ暑く、スパイスの効いた料理が美味しい季節です。

「トルティーヤ」を焼いて、「サルサソース」と「ワカモレ」「スパイスチキンと海老のガーリック揚げ」をトルティーヤで包んで食べました。トルティーヤチップスで「ナチョス」を作り、これも簡単で口いっぱいスパイスで、おつまみには最高、、と好評でした。

トルティーヤは冷凍でも売っているけどやっぱりこねて、焼いたのは美味しいなあ!

「パッタイ」タイ料理4月

今月の料理教室はタイ料理です。

むしむし、してくるとやはりエスニックが美味しいですね。タイの焼きそば「パッタイ」はライスヌードルを戻して使います。ベトナムのフォーもライスヌードルですが、ちょっと違います。手に入らなければフォーでも大丈夫です。

日本のお米も米粉だけでなくこんなヌードルを作ると手軽に使えていいなあと思いますが、米の性質などタイ米とは違うので難しいのかしら?

ライムをたっぷりかけてさっぱりいただきます。今日はライムがなくレモンですが、どちらも美味しいですね。パクチーは必須です、、私は、、。デザートは「ココナッツアイス&ココナッツクッキー」でした。