料理教室「よだれ鶏」

今日の料理教室は中華です。

鶏の胸肉をやわらかく茹でて、ピリ辛ダレをかける「よだれ鶏」
をメインに「海老の甘酢漬け」「さやいんげんの煮込み」「茄子の中華マリネ」
デザートは「ライチと生姜のゼリー」です。

辛い、酸っぱい、甘い、いろいろな味のメニューで、
教室の皆さんにも喜ばれました!
中華の献立はいつも悩みますね。
さっぱりした料理とこってりしたものと、組み合わせて、季節も今ならお酢を使って
爽やかに仕上げます。

「よだれ鶏」は鶏を柔らかく茹でることと、ピリ辛ダレの黒酢を少し強くすると今の時期にぴったりのおもてなしになります。よだれが出るほど美味しいという所以が分かりますね。使うラー油も手作りだとさらに香りが良く美味しいですよ。

4月「お花見弁当」料理クラス

暖かくなってきましたね。
私の脚もだいぶ戻りました。
と言ってもしばらく動かさないと体って硬くなるのですね。実感しました。
痛くないし、もう歩いても大丈夫と先生から言われても、なんか歩き方が変と家族に言われるのです。足首なんかが硬くなって、左右違うのです。リハビリ中ですが、
やはり先生が言われたように3ヶ月かかってしまいました。でも平らな家では支障なく、今月から料理クラスも再開しました。

春の「お花見弁当」です。女子会などにぴったり!久しぶりに楽しいおしゃべりでスタートしました!

九節板(クジョルパン)1月の料理教室

1月の料理教室は韓国料理 お祝いの「九節板」(クジョルパン)です。
真ん中に、小麦粉と卵白で焼いた煎餅(チョンピョン)という薄いクレープのようなもので、周りの具を包んで食べます。中国の春餅とちょっと似てますね。
韓国ドラマを見ても昔から中国からの影響は強く、料理もあれ?似てると思うものもあります。この九節板(クジョルパン)は宮廷料理なので辛いものはありません。
唐辛子は後に日本から入ったとか、、。いろいろルーツを想像しながら頂くと、より
楽しみが広がりますね。

「白菜の肉詰スープ」も白菜1/8個をそのまま下味の付いたひき肉を挟んで、味噌とコチジャンで柔らかく煮ます。体が温まり冬にぴったりの料理ですね。今週はカフェでもこれを出したいなあ。

11月の料理教室パエリア

今月はスペイン料理です。
パエリアとピンチョス、ガーリックスープ、サングリア、お菓子はボルボロン。
これからクリスマスなど人の集まる季節です。
パエリアやピンチョスは食卓も華やかで、
喜ばれますね。

今日も庭の花を摘んで持ってきて下さった、千葉のAさん、いつもありがとうございました。