マンゴー寒天プリン

子供の頃には無かったデザート。今は、夏になると食べたくなるデザートNO1!です。

フレッシュでも冷凍マンゴーでも、簡単に出来て美味しい。

マンゴーのようなトロピカルフルーツにはタンパク分解酵素が多く含まれています。

ゼラチンで固めるとうまく固まらないのはそのためです。

マンゴーをフォークでつぶし、生クリームと砂糖を加え、寒天で固めます。香り高くなめらかなマンゴープリンの出来上がりです。

冷蔵庫で冷たくしていただきましょう。



いちごの寒天テリーヌ

今日の料理クラスのデザートです。いちごをたっぷり入れた流しかんに、グランマニエと、レモンを入れた寒天液を流します。クリームを添えていただくといちごの香りがホントにいい香りです。簡単なのにとても素敵なデザートになりますね。

今、ジャム用の可愛らしい、いちごが沢山出回っています。今が一番美味しい時です、ジャムも沢山作りましょう。手作りに勝るジャムはありません。1パックで小瓶1個分しかできないけれど、美味しさがいっぱい詰まった贅沢なジャムです!冷凍しても保存できるので、私も今せっせと作っています。

読売新聞「寒天スープ」掲載

11月27日掲載

27日の読売新聞の家庭欄に、寒天を入れた暖かなスープが掲載されました。9月に出版した「あったか寒天スープ」の中から、かぶのポタージュとかぼちゃのポタージュ2点を紹介しました。寒い時期、特にお年寄りは外に出なくなり、運動不足から便秘になる人も多いらしい。暖かなスープに寒天を入れ、水分と野菜と、便秘解消素材がたっぷり入った1品。是非試していただきたいです!

第26回「かんてんレシピクラブ」ランチセミナー

「かんてんレシピクラブ」11/9(土曜日)
銀座のアルケントーレにて 
前菜からデザートまで野菜と寒天のコラボ料理の会を開催しました。
ご参加の皆様ありがとうございました!
アルケントーレの皆様ありがとうございました!
寒天の話
ごぼうパスタとほうれん草パスタのラグーソース
マロンとカカオの寒天デザート
小学館「あったか寒天スープ」より3種
食べていただきました。
高田シェフありがとうございました。

「寒天料理セミナー」都立学校栄養士会

都立の学校給食会の主催で、30日寒天料理の講習会が無事終了しました。子供の便秘が問題で、食物繊維を多く摂らせたいという主旨でした。カレー、サンドイッチ、和え物とデザート。
今日のメニューだけで、1日の食物繊維は十分過ぎるほどです。寒天は主役を引き立てる素晴らしい食材です。
子供の食事に沢山取りいれられるといいですね。