レモンカスタードケーキ


今日のお菓子教室は「レモンカスタードケーキ」です。
ネイキッドケーキの本でもやりましたが、
軽いスポンジの上にレモンカスタードと、メレンゲを焼いたレモンパイのようなケーキです。
レモンが2個も入り、甘酸っぱいお菓子は初夏には
美味しいですね。

レーリュッケン

今月のお菓子教室はドイツ菓子の「レーリュッケン」です。レモンとアーモンドのバターケーキ生地とココアとアーモンドをメレンゲに入れた生地2種類を一緒に焼きます。のろ鹿の背中を表しているお菓子。
外側はカリッとして、アーモンドとココアが香ばしく、中はしっとりしてレモン風味、いろいろな風味が楽しめます。
30年も前から作ってますが、時々食べたくなるお菓子ですね。(^∇^)

お菓子教室「桜のロールケーキ」

今日のお菓子教室は「桜のロールケーキ」です。
桜の塩漬けを白餡の中に混ぜます。抹茶を入れたクリームと一緒にロール生地で巻きます。
ロール生地にも桜を入れた、今だけのオリジナルケーキです。
桜は八重桜を摘み、白梅酢に漬け、きれいに発色したら乾かして、塩につけます。
楽しい春の仕事です。

1月に発売した本の中にもレシピが掲載されています。

抹茶と黒蜜のケーキ「Naked Cake」から

「焼くだけちょっと塗るだけNaked Cake」の中から今の時期オススメの1点をアップします。
抹茶と黒蜜のケーキはお濃茶用の抹茶をライトスポンジに入れました。
香りだけでなく色もいいですね。生クリームに黒蜜を入れて甘納豆と仕上げました。
日本茶にも、コーヒーにも合う、ちょっと大人のケーキです。

焼くだけ&ちょっと塗るだけNaked Cake(小学館)

https://www.shogakukan.co.jp/books/09310856

小学館から新しいケーキの本が1月16日に出版されました。
ライト、ミディアム、ヘビー、3種の配合でスポンジは出来ています。
ライトはロールケーキなど柔らかい生地。
ミディアムはジェノワーズと呼ばれ、丸いスポンジなどに使われています。
ヘビーはパウンドケーキやカトルカール。
この本は3種が必ずふくらむ方程式が書かれています。

生地が美味しくふくらめば仕上げは簡単でOKです。
「naked Cake」は文字通り、すっぴん仕上げです。
私が長年お菓子教室で教えてきたコツのコツがしっかり詰まった
美味しいスポンジケーキの本です。是非見てくださいね。