ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

リンツァートルテ

今日のお菓子教室は、オーストリー、リンツの銘菓「リンツァトルテー」です。

アーモンドのスポンジと、クッキーの間のような生地にラズベリジャムの甘酸っぱさがよく合うお菓子です。なかなかお店では見かけない地味なお菓子ですが、なんとも美味しいのです。以前、リンツで食べたことを思い出します。町のお菓子屋さんには必ず置いてあって、大きいものから、小さな1人で食べられるようなものまで、大きさはいろいろでした。今日は16cmのタルト型で作りましたが、18cmくらいが作りやすいかもしれませんね。

和風「豆乳味噌グラタン」11月料理クラス

今月の料理クラスは、和風の「豆乳味噌グラタン」と「豚のシャキシャキれんこん巻き」「五目なます」「椿寿司」。お吸い物に天蕪という大きな蕪をすりおろして「蕪のすり流し汁」です。蕪の甘みが美味しく、紅葉の生麩を加え、柚子を吸い口に、これも秋らしい一品です。

「豆乳味噌グラタンは」バターを使わない作り方で低カロリーです。お味噌を炒めることで香りが立ちコクも出ますね。鮭やこれからは牡蠣も美味しい!

デザートは「りんごのカトルカール」です。グラタン皿に生地を流し、紅玉を薄くスライスして並べて焼いただけの簡単なお菓子です。シナモンとアイスクリームを添えて、「料理はヘルシーだけど、デザートは仕方ないわね!」なんて言いながらマスクをしたり、はずしたり、楽しい食事とおしゃべりが続きました。

キャラメルりんごのタルト

今日のお菓子クラスは、今旬の紅玉をたっぷり使った

「キャラメルりんごのタルト」です。これは、パートシュクレとクレームダマンドの2つの生地とりんごのキャラメリゼを作るのでちょっと手間ですが、それでも美味しいので今の時期作りたい一品ですね。

以前NH Kの「きょうの料理」でやりましたので、レシピはそちらにこまかく書いてあります。

和栗のモンブラン

今日のお菓子教室は「モンブラン」今が旬です。

私は3Lの大きな栗を買って作ります。小さいのをむくより楽ですね。

栗の下の部分に横に切り込みを入れ、熱湯で3〜5分加熱し、ちょっと冷まして剥きます。こうするとサクサク楽にむけますよ。

500gでむくと350gくらいになりますので、お鍋に入れ、水と牛乳を半々に加えかぶるくらいにして加熱します。あればバニラビーンズを入れて柔らかくなるまで」弱火で加熱します。

これをフードプロセッサーで滑らかにペーストにし、砂糖とバターを少し入れます。好みでラム酒を加えても美味しいです!

彩夏「お食い初め」

今日は彩夏のお宮参りとお食い初めを済ませました。本来なら1ヶ月にお参りをするところですが、7月生まれで夏の暑さの中、コロナもあり、涼しくなった10月にお食い初めと一緒になりました。

東京タワーが綺麗に見える増上寺で初参りを済ませ、うかい亭でお食い初めです。お天気が良く、庭の緑が綺麗な部屋で、年長者の主人を始め順番に彩夏の口に添え、一生食べ物に困らないよう、健康にと願い、皆んなでワイワイとお祝いの会をしました。うかい亭のお豆腐始めどれも美味しくいただいました!

庭の景色もご馳走!彩夏の幸せなスタートで、私たちも幸せな1日でした。

4種の大豆をブレンドして豆腐を作っているそうです

芙蓉蟹(かにたま) 10月料理クラス

今月の料理教室は秋の中華メニューです。

「芙蓉蟹(かにたま)」と「海老ワンタンの揚げ物」「秋野菜の中華マリネ」「舞茸の卵スープ」です。デザートは「焼き林檎」です。

「芙蓉蟹(かにたま)」はオムレツの作り方が1番簡単です。フライパンの端に卵を寄せてトントンと1回転させるあの作り方です。中がトロりとして、その上からあんをかけると、とても簡単です。

「海老ワンタンの揚げ物」は3種類のソースがありますが、今日はみなさん花椒塩でいただきました。おつまみにいいと好評!

デザートの「焼き林檎」は本当は「レンジ林檎」です。林檎の真ん中にグラニュー糖を入れ上、下、レーズンで蓋をします。耐熱容器に林檎を入れ4分で熱々の柔らかい林檎が出来上がり、冷たいアイスクリームを添えると1個ペロリと食べられてしまいます。

秋とはいえ、まだ蒸し暑いので中華料理は酸味を効かせたメニューにしました。酸は体にもいいし、料理の味をしめますね。