ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

お菓子教室 いちごと抹茶の「マカロン」

今月のお菓子教室は、いちごと抹茶のちょっと春らしい「マカロン」です。
マカロンもいろいろありますが、
アーモンドプードルと粉糖で生地を焼き、クリームをはさむのを「マカロン・パリジェンヌ」と言います。

「マリーアントワネット」の映画で世界的に有名になったパリの老舗「ラデュレ」、カラフルなマカロンがたくさんあり、パリに行くと必ず寄りたくなる店の1つです。
シャンゼリゼ店など店内も可愛らしいし、カフェも素敵、、。
いろいろな味のバリエーションも魅力の1つです。
(バラのマカロンが美味しい!)

生地を乾燥するので、今の時期が1番作りやすいですね。
上手に乾かしてピエを出すのが大事なポイントです。

クリームをガナッシュにするとバレンタインにもぴったりです。

「海底撈火鍋」の火鍋

日曜日、文さんの誕生日に皆で火鍋を食べに行きました。
池袋東口、西武の前にあるビルの5階、「海底撈火鍋」
子連れで行くにはちょっと、、という「ザ、イケブクロ」という一角に
ビルはありました。
でも店に入ってみると、意外(失礼)にきれいな店内、コースで6人で予約してあるので、個室。
子供のおもちゃを持ってきてくれたり、持ってきた離乳食を温めてくれたり、
なかなかのサービスです。

最後に音楽に合わせてカンフー麺のパフォーマンスが楽しかった!

北京で食べた時より美味しかった、、?気のせいか?
主人に聞くと、全く覚えてない、、。
いつも食べ物の記憶は削除されている。
今日も1人、醤油とネギ、大根おろしのタレで食べてました。
それもあり、、、だけど、、。

九節板(クジョルパン)1月の料理教室

1月の料理教室は韓国料理 お祝いの「九節板」(クジョルパン)です。
真ん中に、小麦粉と卵白で焼いた煎餅(チョンピョン)という薄いクレープのようなもので、周りの具を包んで食べます。中国の春餅とちょっと似てますね。
韓国ドラマを見ても昔から中国からの影響は強く、料理もあれ?似てると思うものもあります。この九節板(クジョルパン)は宮廷料理なので辛いものはありません。
唐辛子は後に日本から入ったとか、、。いろいろルーツを想像しながら頂くと、より
楽しみが広がりますね。

「白菜の肉詰スープ」も白菜1/8個をそのまま下味の付いたひき肉を挟んで、味噌とコチジャンで柔らかく煮ます。体が温まり冬にぴったりの料理ですね。今週はカフェでもこれを出したいなあ。

2018年元旦 おせち

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。

12月、暮れからおせちの準備をして、元旦は娘夫婦が来て、賑やかなお正月になりました。
そう、今年は傑君(たかし、10ヶ月)が1人増えました!
午後には主人の甥たちが、子供達を連れてさらに賑やかになりました。総勢16人、、、。主人は甥達とお酒を飲むのを楽しみにしていて、毎年おせち料理など一切手伝わないのに、お酒の準備だけはしっかり余るほど準備します。
最近飲めなくなった、、。と仕切りにぼやくけど、今が普通、ちょうど良い量
、、と私は思っています。
義母も95歳、おせちもお雑煮もしっかり食べ、まだまだ元気。

今年は聖子が子供達のデザートを準備してくれ、2種類のかなり凝ったもの(ピスタチオのババロアと4種類の果物のゼリー)を作ってくれました。
子供にはどうかなあ〜?ペロリと食べてるけど、もっとゆっくり味わって、、。
いやいやすごく美味しかった!少ししか食べられなかったけど、、。

今年も美味しい出会いがありますように!健康に感謝です!