ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

リンツァートルテ

今日のお菓子教室は、オーストリー、リンツの銘菓「リンツァトルテー」です。

アーモンドのスポンジと、クッキーの間のような生地にラズベリジャムの甘酸っぱさがよく合うお菓子です。なかなかお店では見かけない地味なお菓子ですが、なんとも美味しいのです。以前、リンツで食べたことを思い出します。町のお菓子屋さんには必ず置いてあって、大きいものから、小さな1人で食べられるようなものまで、大きさはいろいろでした。今日は16cmのタルト型で作りましたが、18cmくらいが作りやすいかもしれませんね。

マクローネンシュニッテンMakronenschnitten

このお菓子はミュルクタイクというクッキー生地にジャムをのせ、メレンゲにくるみを混ぜて焼いた、アーモンドとはまた違う、風味の良い焼き菓子です。
好みの大きさに切って、今日はラズベリーソースを飾って盛り付けました。

ウイーンの製菓学校で作った時、焼きたてはサクサク美味しいのに、あまり教室でも登場しなかった。でもでも、、久しぶりに作ってみるとなかなかの美味しさです。
日持ちがするのもいいですね。プレゼントに喜ばれそう!

秋鮭と万願唐辛子の南蛮漬け

今日のカフェルイは、今が旬の秋鮭と万願寺唐辛子の南蛮漬けです。

南蛮漬けは片栗粉をつけて油で揚げますが、カリッとするまで、
火が通ってからさらに揚げます。
この方が冷めてから美味しいですね。逆に万願寺唐辛子はさっと油通しするくらい、またはソテーする程度が色も歯触りもいいです。

まだ暑さが残る今の時期は、酸味のある料理が美味しく感じられますね。
ご飯は栗ご飯、秋いっぱいのメニューでした。

お月見つくね(9月料理クラス)

今月の教室は「お月見つくね」をメインに「茄子の利休煮」と「紅葉汁」
「栗ごはん」です。四季は毎年?あるけど(アタリマエ)その年その年、違いますね。

 コロナ禍の中だから、マスクして仕切りして、それでもみんなで作るのは楽しいです。
    秋の実りに感謝!
  美味しくいただける健康に感謝です!

陶芸家木村さん

陶芸家で茶人の木村ケイさん、30年の付き合いでした。
私の和食器は、ほぼ木村さんの作品、撮影にもたくさん登場しました。
日曜日、成田近くの工房に行ってきました。

林を抜けて、細い道をどこまでも走ると1軒の家が現れ、
ご主人が家の前で待っててくださいました。

仏間でお線香をあげると、ご主人がお茶室に案内してくださいました。
床の間には掛け軸と、木村さんが作られた水さし、

庭にはお茶花、宗旦木槿がきれいに咲いてました。
ケイさんの丹精込めたものに囲まれ、
一緒にいるようでしたね。

また来ますね。ご主人がたくさんの野菜を取ってお土産にくださいました。