マンデルレーリュッケン Mandel Rehrucken7月お菓子クラス

今日のお菓子クラスはドイツの銘菓「マンデル レーリュッケン」鹿の背中という意味のアーモンドのバターケーキです。

メレンゲにココアとアーモンドを入れた黒い生地とレモン風味の中のアーモンド生地。この組み合わせは絶妙です。さすがに長く続くだけの意味も味もありますね。ドイツはもちろん、ウイーンのカフェやスイスのドイツ語圏でもみられます。ココアのメレンゲ生地のほかチョコレートをかけてあるのも見うけられます。

私はこのココアのメレンゲ生地のほうが好きです。生クリームを添えて、コーヒーと一緒にティータイム。大人のケーキです。

AのココアのジャポネマッセにBのブッターマッセを加える

Aココア入りジャポネマッセ

 卵白        2個分

 砂糖        80g

 ココア       15g

 アーモンドプードル 70g

 アーモンドスライス  適宜

 粉糖         適宜

Bブッターマッセ

 バター     100g

 砂糖      100g

 卵黄      1個分

 卵       1個

 小麦粉     100g

 レモンの皮   1個分

カゼレッチェとまぐろのアラビアータ(7月料理クラス)

7月の料理クラスはさっぱりイタリアンです。マカロニを半分に切ったような形のカゼレッチェ、火の通りも良く食感もモチモチです。

これにカジキまぐろをコロコロに切って、トマトのアラビアータと和えます。

アラビアータはトマトとにんにく、唐辛子とオリーブ油のシンプルなトマトソースです。前に教室でアマトリチャーナをやりましたが、これはアラビアータに炒めた玉葱とベーコンが入り、辛くないトマトソースです。どちらもまとめて作っておき、肉や魚を足すとバリエーションが広がりますね。