笹屋伊織のどら焼き

コロナの収束がまだまだ見えず、自粛疲れが出てきますね。YouTubeを見てると学者や医療関係の先生でも言っている事がだいぶ違って、情報の自由はいいけどなんだかわからなくなってきますね。アフターコロナはかなり厳しい状態になりそうだけど、ピンチがチャンスで、新しい何かを見つける事がどの分野も課題な気がします。そうは言っても今が大変のところも多く、早くなんとかしてほしい!財務省のトップの人も渋らないでほしい。

自粛以外やれることがない私は、レシピを片付けながら料理を作っています。午後、足らないものを買いに西武へ行ってきました。(歩きで4020歩)ついでにお菓子売り場に行ってみると多くのケーキ屋さんも、虎屋など和菓子屋さんも閉めていました。京都の笹屋伊織は営業していて、ちょうど20日でどら焼が2つ残っていました。(ラッキー!)このどら焼は弘法大師の月命日21日を含む20日から3日間だけ売っています。江戸末期に東寺のお坊さんから依頼され作り始めたそうです。

それにしても雨だから空いているかと思いきや、デパ地下は結構な人がいます。先週行ったホームセンターも、、。買い物で商品を触るのが1番危ないと言われ、今は帰ると袋から全部出して除菌するようにしています。(帰りも歩きで8421歩)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です