6月料理教室

初夏の洋風おもてなし

今月の料理教室は、ちょっと暑くなってきた今頃、美味しいメニューです。

バルサミコ酢を煮詰めたソースを豚の肩ロース肉にたっぷりかけたのが今日のメインです。コクがあるのに、さっぱりした1品です。バルサミコ酢が美味しい料理です。暑かったり、涼しかったり、疲れやすい時期に豚のビタミンB1は貴重ですね。

前菜は「寒天のテリーヌ」とトマトかんを使った「海老のサラダ」寒天料理2品です。料理の最初に寒天を食べて、血糖値の上昇をゆるやかに、、。そんな料理です。生のビーツは皮をむいて、玉葱ソテーとブイヨンで煮ます。柔らかくなったら、ピューレにして牛乳を加えて「ビーツのポタージュ」の出来上がり!ピンク色がきれいな元気の出るスープです。

今日のデザートは「フィナンシェ」です。コーヒーとぴったりのお菓子ですね。混ぜるだけで意外に簡単にできますよ。ただ、バターだけはこだわって美味しいバターを焦がして加えます。この焦がし方だけがこのお菓子の大事なポイント。(今日はカルピスバターでした)今週は涼しくて良かった、、。

5月は娘の結婚式と本の撮影が重なり、教室もカフェもお休みさせていただきました。久しぶりに食べて、話して、賑やかな教室が始まりました。皆様今日も有難うございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です