お菓子教室「シュバルツベルダー・キルシュトルテ」

今日のお菓子クラスは、ドイツの銘菓「キルシュトルテ」です。ココアの入ったスポンジにサワーチェリーをクリームではさみ、キルシュワッサーをたっぷり染み込ませた大人のお菓子です。
黒い森と言われるドイツとフランスの間、シュバルツベルダー地方を模したお菓子と言われています。この辺は、サクランボのリキュール、キルシュワッサーが有名です。サクランボのついたリキュールは日本でも売られています。ほかにも「ツーガキルシュトルテ」や、サクランボのソースにたっぷり入れてフランベし、アイスクリームにかける「チェリーフランベ」
これも大好き💕キルシュワッサーはいろいろなお菓子に使われています。
スイスの学校で習った時は24cmの大きさでしたが、これは15cmです。大きくても18cm、、時代ですね。物置きに暫く眠っている大きな型をどうしよう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です